参宮橋  ”ササマ歯科クリニック” 院長のブログのナビゲーター   トップページ  

スポンサーサイト

-- - --/-- [--] - --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

☆ 雑誌 「an・an」 に掲載されました ☆

2012 - 05/13 [Sun] - 00:28

5月9日発売の「anana」の審美歯科特集にササマ歯科クリニックが紹介されました。セラミックレストレーション(修復)の「セレック」に関して取材を受け、1ページ掲載されました。一か月ほど前、anan編集部の方から電話があり、「セレックの治療について取材させてほしい」と電話連絡をいただきました。「なぜうちにかけてきたんでしょうか?」と質問すると、「ホームページやブログなどをいろいろ見て、ぜひ笹間先生にお話をお聞きしたいと思いました。」との返事で、それならぜひどうぞ、ということになりました。うちの理念や私の考え方などをよしとしてくれたようでしたので、その点は雑誌に掲載されることよりもむしろうれしく感じました。今回は「セレック1dayトリートメント」の部分をクローズアップした取材でした。このブログをご覧お方も、もしよろしければ見てみてください。1806.jpg

スポンサーサイト

インプラントセミナー

2012 - 05/03 [Thu] - 17:00

先日カムログというインプラントのセミナーに参加してきました。4月、6月、7月の各1日つづ3日間のセミナーです。講師は梅田和徳先生。梅田先生とはだいぶ前から知り合いで、現在は私が渋谷区歯科医師会で学術担当の理事をしていて梅田先生にはその学術委員をしていただいている関係で2か月に一回くらいは必ず顔を合わせている仲です。梅田先生のクリニックのスタッフの教育の話もあり、また日進月歩のインプラント関連の新しい情報と基礎的なことの再確認の内容と両方が入っていて大変有意義なセミナーでした。私は新たにカムログインプラントを導入しましたのでその関連でより安全により精度よく、よりスピーディーに手術を行うためのガイデッドサージェリーの詳しい具体的な話は大変参考になりました。今後うちのクリニックでは多くのケースでこのガアイデッドサージェリーを用いていこうと思っています。

申基先生&安生朝子先生 ジョイント講演

2012 - 04/21 [Sat] - 22:39

先日、明海大学の歯周病の教授である申 基先生と、栃木県宇都宮「藤橋歯科医院」副院長の安生朝子先生の二人によるジョイント講演を、朝10時から夕方17時半まで「真の歯周治療を目指して」というテーマで開催しました。私が所属するスタディグループ「IEPO」で約2年前から準備していたものです。私が安生先生の講演をグループ内で勧め、私から安生先生に直接お願いし実現しました。昨年の4月に本来行う予定でしたが震災の影響で一年間延期されました。広く一般にはPRしませんでしたが、会員とその知り合いだけで80名くらいの参加者でした。衛生士さんも多く参加していました。申先生は衛生士さんにも理解しやすいように丁寧にやさしく、多くの画像を使いながら詳しく基礎から外科手技までたっぷりとお話しくださいました。私も新しい発見と、今までの知識の整理を同時にさせて頂けました。安生先生はいつもの素晴らしい安生節が繰り出され5分もたたないうちに聞く者すべてを安生ワールドに引き込み、あっという間に時間が過ぎていきました。今までのヒストリー、衛生士としての心構えから実際の臨床の話までユーモアを織り交ぜながら熱く語られました。あと席も大変盛り上がり、非常に楽しく有意義な一日でした
P1060006-001.jpg
P1060008-001.jpg
IMG_3993-001.jpg

☆14周年☆

2011 - 12/12 [Mon] - 20:50

大変間が開き、恥ずかしいかぎりですが、書きました。また時々書いていきますのでよろしくお願いいたします。
今日はササマ歯科クリニックの開業記念日でした。
14年がたちました。患者さんやスタッフ、家族、出入りの業者さん、ラボの方々など多くの方々に支えられここまで継続することができ、本当に感謝してます。これからも微力ながら通院して下さる患者の皆さんのために尽力していきたいと思っています。

そして、今日のお昼には、うちの三人のスタッフがサプライズで、手作りローソク&ケーキを出してくれました!とっても感動しました。とっても嬉しく思いました。何日か前、「パラフィンワックスちょっとください」と言われていたのですが、ローソク作りに使っていたとはまったく考えもしていませんでした。(*パラフィンワックスとは、義歯を作る時などに使うワックスで、歯科医院はたいていおいてある最もポピュラーな材料のひとつ)
すばらしいスタッフに囲まれていて、私は幸せ者です。

DSC00402.jpg
DSC00406.jpg

謹んで東日本大震災の被災者の方々にお見舞い申し上げます

2011 - 03/20 [Sun] - 12:04

諸事情により、かなり長くブログをお休みしてしまい、申し訳ありませんでした。

そしてこのたびの大震災におきましては、謹んで被災者の方々、関係者の方々にお見舞い申し上げます。昨日は、盛岡にいる大学の同級生(歯科医師)から報告のメールを受けました。想像以上に大変な状況のようで、心が痛みます。その同級生は歯科医師会からの依頼でご遺体の身元確認のためのデンタルチャート(歯の状況を調べ記録をつけること)を作成するためにご遺体の安置所を回って、作業を続けています。その中に二人のお子さんを抱いたままお亡くなりになった女性のご遺体があったそうです。そのお子さんの口腔内を診査すると、大変綺麗に磨かれており、さぞお母さんがそのお子さんを大事に育てていたのだろうと感じ、涙があふれてきたとのことでした。
避難所では、歯ブラシが無く、ずっと歯磨きが出来ず衛生状態が悪化し、困っているということも報告されていました。

私の所属している渋谷区歯科医師会でも数日前から、義援品の話が持ち上がりました。歯ブラシや紙コップ、マスク、グローブなど足りなくてとても困っているとのことでしたので、私もとりあえずクリニックにある歯ブラシや紙コップなどを持ち込みました。会員何名かが持ち寄った品を早速昨夜宮城の歯科医師会に送りました。そして今朝到着したとの知らせを受けたところです。

今私たちに出来ることを少しでも何かやっていきたいと思っています。

明けましておめでとうございます。

2011 - 01/23 [Sun] - 19:00

大変遅ればせながら、謹んで新年のご挨拶を申し上げます。
明けましておめでとうございます。
本年もよろしくお願い申し上げます。

元日に家族と明治神宮に初詣に行ってきました。
当院の目の前に西参道口があり、そこからお参りに行きました。
かなりの人出でした。
DSC00266.jpg

DSC00267.jpg

DSC00270.jpg


当院の前も参宮橋駅を利用してお参りに行く人たちで、ご覧の様なすごい人波でした。
DSC00271.jpg



歯髄細胞バンク第二回ワークショップ プレゼン

2010 - 12/27 [Mon] - 00:04

DSC00256.jpg

先週、鶴見大学の鶴見会館において、歯髄細胞バンクの第二回ワークショップが開かれました。
現在歯髄細胞バンクの認定施設になっている歯科医院の先生と、まだなっていない先生と両者来場されていたようです。初めに鶴見大学病院長で、歯髄細胞バンクの実質トップの斉藤一郎教授より、ご挨拶がありました。次に運営会社の「日本再生医療推進機構」の大友氏より、歯髄細胞バンク(DPバンク)の保管数などの現状報告や、この一年間の再生医療に関するトピックスが紹介され、今後の展望が述べられました。

(斉藤先生)
DSC00259.jpg

次に鶴見大学口腔外科里村一人教授より「歯髄細胞を用いた再生医療の可能性」という演題でご講演がありました。胚性幹細胞(いわゆるES細胞)、成体幹細胞、iPS細胞の概要、違いなどの解説、歯髄細胞をどのように使っていくかすなわち、成体幹細胞として、あるいはiPS細胞としてかなり適していると考えられていることなど解説していただきました。また、再生医療にはオーダーメード医療とレディーメード医療の二つがあり、その二つを車の両輪のように我々医療界は体制を整えていかなければいけない、というお話がありました。オーダーメードとは、患者一個人の細胞から採取して行う再生医療で、免疫反応の心配の無い一番良い方法ですが、緊急時には対応できない欠点があり、レディメードの方は、型で分類し、事前にバンクのような形態で保管しておき、本人ではないが、型の合う細胞を使って行う再生医療のことを言います。こちらは緊急時にも対応が可能ですが、免疫反応が出てしまう為、その抑制剤を使わなければなりません。そのため両者が必要であるということなのです。

(里村先生)
P1040803.jpg


続いて中央区で開業されている別府尚司先生と私から、「認定医療施設における事例報告」をご紹介させていただきました。別府先生はDPバンクに預けることが患者様にどのようにプラスになるか、精神的なところも含めアカデミックな切り口でお話されました。私は実際のケースの画像を使い、歯牙の分割における器具や方法について、DPバンクのご紹介の仕方をお話し、また預けられた患者さんの保護者の方のコメントの紹介、今後の問題点等をお話させていただきました。


(別府先生)
DSC00262.jpg

(私)
P1040811.jpg




St.Paul’s Christmas

2010 - 12/25 [Sat] - 01:12

DSC00920.jpg


DSC00910.jpg

一昨日の夜、立教大学のクリスマスツリーを家族で見に行ってきました。
長女が来年からお世話になる大学なので、行ってきました。
私は初めて行ったのですが、いい雰囲気で、素敵なところでした。

★13th anniversary!  開業13周年★

2010 - 12/12 [Sun] - 20:47

balloon_decorations_for_13th_birthday_card-p137883290184522688q0yk_400[1]
本日12月12日は、『ササマ歯科クリニック』の開業記念日です。早いもので13年が経ちました。13年間でどれだけの患者様の心をハッピーに出来たかはわかりませんが、自分なりに、ゆっくりとですが、一生懸命やってきました。うちに通ってくださった患者様たち、支えてくれた衛生士などの全てのスタッフ、技工士さんたち、取引先の方々、ご指導くださった所先輩、同級生、後輩、そして家族に本当に感謝です。明日から14年目に突入します。これからも少しでも上を目指して努力してまいりたいと思います。よろしくお願い致します。

CEREC ブラッシュアップミーティング

2010 - 12/05 [Sun] - 23:14

昨日はセレック ブラッシュアップミーティングがありました。いつもはシロナ本社のセミナー室ですが、昨日はJSCADの副会長の草間先生のオフィス(西新宿)に併設されているセミナー室で行われました。講師は武田朋子先生と佐々木英隆先生の二人で、セレックを使ったラミネートベニアレストレーションについてでした。とても興味深い内容でした。大変勉強になりました。

DSC00218.jpgDSC00223.jpgDSC00221.jpg


『スタディグループ I.E.P.O.』 10周年講演会

2010 - 11/28 [Sun] - 22:12

DSC00216.jpg
昨日と今日、ラーニングスクエア新橋で、私が所属しているスタディグループの10周年記念大会がありました。
昨日は会長の湯浅先生(私の大学の同級生)と元会長の吉田先生の講演が行われ、夜には翌日の講師である内藤先生と山崎先生を招いてパーティーがありました。内藤先生と山崎先生というお二人は歯科の世界では知らない人がいないほどの巨匠です。10周年の特別企画としてこの巨匠お二人のコラボレーションとなったわけです。本日の講演では、内藤先生からは咬合において、見逃してはならない大事なポイントや、理論、力のコントロールのお話、山崎先生からは審美的な補綴治療における最新の知見や今後の展望などを症例を通して解説していただきました。また、歯科医療におけるお二人のフィロソフィーも語っていただき、大変勉強になった二日間でした。

昨夜、リッツカールトンでのパーティーにて、内藤先生、山崎先生と私と同級生の湯浅君。
DSC00212.jpg
DSC00211.jpg

渋谷歯科医師会で「プレゼン・デンタルショー」開催

2010 - 11/26 [Fri] - 21:24

先月ですが、渋谷区歯科医師会で私が携わっている医療管理委員会が主催して、タイトルの「プレゼン・デンタルショー」を行いました。普通のデンタルショーではなかなか見られないちょっと珍しいものや、まだブームになっていない物など、歯科医院経営者にとって耳寄りな情報を届けるべく、業者を選定し、プレゼンテーションを行ってもらいました。プレゼンテーションの後は、明るくし、ブースで自由に説明を聞けるようにしました。去年から新たに行っている企画です。なかなか有益な話がありました。終了後は近くのイタリアンへ食事に行き、さらに興味のある会社の人と話したりしました。私も出展業者の中の一つに興味を持ち、色々話した上、治療の保障の類のものをうちでも導入することにしました。
P1040755.jpgP1040753.jpgP1040763.jpgP1040772.jpg



舞台を観にいきました。

2010 - 11/21 [Sun] - 19:48

P1040783.jpg
P1040775.jpg
今日は渋谷のパルコ劇場に舞台を観にいきました。
タイトルは「カーディガン」主演は中井貴一君と市原隼人君。中井貴一君とは僕は中学、高校時代の親友で、彼の舞台はよく観にいっています。今回の舞台もとても面白く、なおかつ心にしみる部分もあり、良い舞台でした。基本的にはたくさん笑える喜劇ですが、家族・仕事を持つ49歳の僕にとっては、色々考えさせられた部分もあったのです。
人間の二面性とか、気持ちの抑えなくちゃいけない状況と、出さなければいけない状況、相手を思いやる気持ち、タテマエとホンネが渦巻く社会の現実など・・・。
主演の二人の演技も抜群でした。市原君も若いし、初舞台というのに熱演でした。キムラ緑子さんの演技もすごく自然でかつ引き込まれるものがありました。中井君も座長としてすごくがんばって引っ張っていったんだろうなぁ~と思います。旧友がこれだけ立派に活躍しているのを見ると、自分ももっともっとがんばらねば、と思います。

時々舞台を観るのもいいもんですよ~。お勧めします。

P1040776.jpg
終了後、挨拶に行ってきました。
ちなみに、どうでもよい話ですが差し入れは昨日、喜風堂のどらやきを持っていきました。これがまたおいしいんですよ~。またそのうちブログで紹介します。

歯科専門誌 「デンタル ダイアモンド」 に掲載されました

2010 - 11/20 [Sat] - 09:46

表紙
1
2
今月の上旬に出ていたのですが、専門誌の『デンタルダイアモンド』という雑誌にうちのクリニックが掲載されました。毎月あるコラムで「ルポルタージュ医院経営」というコーナーです。雑誌社が独自の視点から任意に選んだ医院を取材しその医院理念、ポリシーなどを掲載している内容になります。うちに関しては、歯髄細胞バンクの認定施設であることなどが記者の眼に留まり、ホームページや電話による調査で選ばれたようです。理念やスタッフとの接し方、歯髄細胞バンクの有用性、セレック導入の考え、ホームページのこれからの活用法など色々話した中で抜粋して掲載してありました。歯科関係者の方、ご興味がありましたらご覧ください。

保育園検診

2010 - 11/18 [Thu] - 08:59

SB070019-0512W-hoikuen.jpg

渋谷区歯科医師会の事業の一つ、保育園検診。
昨日は代々木保育園の歯科検診に行ってきました。
自分は0歳児から4歳児を検診しました。
とてもかわいかったです。
私が診た子供たちは、管理がよくされていて虫歯のある子はほとんどいませんでした。
もう一人のドクターが診た上の年齢の子達は結構虫歯があったとの事でしたが・・。
代々木保育園は今年40周年だそうです。今日はそのイベントがあるとか。

学術講演会 『口腔癌』

2010 - 11/12 [Fri] - 00:12

DSC00167.jpg
私が委員長をしている渋谷区歯科医師会の学術委員会で「口腔癌」をテーマとして講演会を開催しました。講師は昭和大学の口腔外科の教授「新谷悟先生」。非常にわかりやすく講演してくださいました。口腔癌で最期を迎えるのは大変辛い事だというお話から始まりました。最期に好きなものを食べることが出来ない、飲むことも出来ない、そして、家族や大切な人とお話が出来なくなってしまうからということでした。たしかにとても残念な終わり方かもしれませんね。現在口腔癌が初期の段階で発見されているのは約20%といわれています。口腔粘膜の癌などの病変の診査、診断はかなり難しいのですが、我々歯科医のこれからのミッションはこの初期段階での発見のパーセンテージをぐっと引き上げることだと思います。そして必ず出来ることだとも思います。

友人のドクターに内視鏡検査をしてもらいました

2010 - 11/10 [Wed] - 00:09

DSC00179.jpg
成蹊高校の時の友人である中里君に胃と大腸の内視鏡検査をしてもらいました。彼は消化器科の専門医で内視鏡検査や内視鏡手術をとても得意としているそうです。CTも撮ってもらいよく調べてもらいました。かなり久しぶりに検査を受けました。胃は一年に一回、大腸は三、四年に一回は検査した方がいいらしいです。検査の結果、一応問題はなさそうなのですが、多少疑わしいところは組織をとって病理検査に出したそうです。その結果がわかるのは一週間から十日後だそうです。内視鏡検査はだいぶ以前に経験があるのですが、すっごく辛かったのです。でも、今回は薬を使って鎮静してやってもらったので、検査自体はまったくわからないうちに終わってしまいました。とても楽で助かりました。内視鏡検査を受ける方にはぜひ、薬を使って眠らせてもらって行う方法をお勧めします。検査前の喉の表面麻酔がまずかったり、腸を空っぽにするための下剤はやっぱり大変でしたが。

中里先生、看護士さん、ありがとうございました!

娘(高3)の学校の学園祭

2010 - 11/08 [Mon] - 09:27

DSC00182.jpgDSC00184.jpg
娘は都内の私立の高校に通っています。小学校、中学、高校と同じ学校です。12年間の最後の学年がもう少しで終わろうとしています。小学校の入学のための面接に行ったことや、合格発表を見に行って番号を見つけた時の事を今でもついこの間のようにも思います。自分もこの学校には色々愛着があります。今回は学内にゆっくり入れる最後だと思い、学園祭に行ってきました。娘は中学1年からずっとオーケストラ部(チェロ)でした。高3は春で早々に引退する事になっているので、実際今回も娘たち高3は演奏はしませんでしたが、オーケストラ部の発表を聞いてきました。なかなか良い演奏でした。

鍼灸  ACUREA

2010 - 11/05 [Fri] - 14:09

HI3A0035.jpgHI3A0034.jpg

7月下旬、魔女の一撃=ぎっくり腰に見舞われたことは書きましたが、その時にお世話になった鍼灸師の先生をご紹介します。池尻大橋の「ACUREA」の塚本先生です。以前から、ぎっくり腰のたびにもう何回もお世話になっています。その時の状況によりますが、軽い場合はその日のうちに嘘のように痛みが消えて、スタスタ歩いて帰れるようになります。結構遅い時間まで対応してくれます。お仕事帰りにも診ていただけるので、OLの方なんかも多いようです。耳たぶダイエットというのもやられています。ご興味のある方はぜひ→ACUREA信頼できますよ。
しかし、今、塚本先生はちょっとだけ休診中です。NYシティマラソンに出かけています。

息子の運動会

2010 - 10/31 [Sun] - 21:53

BA7C1914.jpg
一ヶ月以上も間が開いてしまい、恥かしいかぎりですが、また気を取り直して続けて書いていきます。
タイトルの息子(小学校6年)の運動会が先日行われました。この写真はいわゆる騎馬戦の様子です。うちの息子の小学校の運動会は児童も、先生も、保護者も最近では珍しいほど熱くなって、勝負にこだわります。自分はそのムードはとても好きです。そしてわが息子は、体育の時間になると一番元気になり、他の教科はさておき、体育の成績だけはトリプルAをいつも頂いてくるような子供です。小学校最後の運動会でしたから、息子もとても気合が入っていました。昨年は負けたのでなおさらです。結果は、うちの息子たちのクラスががんばったこともあり、我が白組が勝利しました。6年生なので優勝旗も授与されとても喜んでいました。この運動会では実は私にもミッションがありました。クラスの子供たち全員を撮影するカメラマンとして。もともとカメラが好きで2年生のころから、クラスの写真係を進んで引き受け、撮った写真をフォトムービーにしてDVDにしたところ、とても好評を得たため、続けています。高級なカメラとレンズをレンタルし、今年は3400枚ほど撮影しました。今現在写真の編集、加工などの作業に追われています。

2010 - 09/20 [Mon] - 13:57

DSC00015.jpg
先週、歯科医師向けの専門月刊誌「デンタルダイアモンド」の方が当院に取材にみえました。一般の方が手にする雑誌ではありません。当院のポリシーや診療内容、スタッフとのコミニュケーションのとり方などの話を色々聞かれました。1時間半ぐらいインタビューされた後、診療風景を撮影して帰られました。11月に出る「デンタルダイアモンド」に掲載されるようです。

子宝歯科 

2010 - 09/14 [Tue] - 14:21

ssbaby_b[1]
忙しさにかまけて、だいぶ間が開いてしまいました。

タイトルの「子宝歯科」とはうちのことです。少し前からスタッフにそう呼ばれています。うちに勤務していると子宝に恵まれるんです。ほんとです。ここ2年弱の間に4人ものスタッフが子宝に恵まれました。スタッフが10人とかいればわかりますが、2~3人しかいないのにこの2年弱で4人もです。子宝に恵まれるパワースポットなんでしょうか。おめでたいことですし、皆、子供をほしいと思っていた人たちですから、とてもハッピーなことですが、院長としては嬉しい反面辛いところでもあります。今回子宝を授かったスタッフは今そのせいで体調が悪く、ずっと休んでいます。そのため、急遽スタッフを募集中なのですが、今は時期が悪いせいか、あまり応募がありません。二人のうち一人がお休みなので、大変です。色々なコネを使って、毎日かわるがわる助っ人に来てもらっています。やりくりに苦労しています。これを読んでいる歯科衛生士(または歯科助手)の方で、『ちょっとだけなら手伝ってあげてもいいよ~』とかいう方がいらっしゃいましたら、ぜひ連絡ください!(info@ssdc.jp)そんなわけで、ばたばたしているため通院中の患者様にはご迷惑をお掛けしています。すみません。でも、もし子供がほしい方は、ぜひ通院してみてください!

セレックブラッシュアップセミナー Vol.3

2010 - 08/26 [Thu] - 23:14

P1040732.jpg
セレックのニューモデルの説明を聞いてきました。「CEREC AC」です。カメラ部その他のハード部分が新しくなり、ソフトも新しいものが積まれています。
実際に操作も体験してきました。
うちにある今までのモデルより色々と使いやすく進化していました。やっぱり新しい機種はいいですね。ほしくなります。でも、高価ですので、買い換えるわけにはいきません。ただ、ハードはそのままで、ソフトだけ購入して入れ替えることはできるのでそれを検討しようと思います。

夏季休診

2010 - 08/11 [Wed] - 09:57

すみません、勝手ながら、昨日8月10日から8月16日まで夏季休診とさせていただいております。ご迷惑をおかけいたしますがよろしくお願いいたします。
今、妻の実家(岐阜県)に来ています。妹家族もいて子供たちは従兄と遊べてとても楽しんでいます。お休みを取る方も多いと思いますが、気をつけて、リフレッシュしてください。多くの方にご心配をいただいた腰はだいぶ良くなりましたが、いまだにちょっと調子悪いです。今まではこんなに長引かなかったのですが、今回はそれだけ重症だったということですね。

魔女の一撃 食らってしまいました!

2010 - 07/31 [Sat] - 11:19

img20090717.jpg
ドイツ語でHexenschus(ヘキセンシュス)=「魔女の一撃」といわれているものをご存知でしょうか?

日本語で『ぎっくり腰』のことです。
先週の7月21日の夜に、この魔女の一撃を食らってしまいました。その日も結構痛かったのですが、次の日の朝とてつもなく痛くなってしまいました。今まで何回か魔女の一撃の経験はあったのですが、今までは、横になって次の日にもなれば、痛みは和らいできていたのですが、今回は、翌日の方が増していました。朝目覚めてすぐは何故かトイレまで何とか行けたのですが、その後どんどん悪化し、今までに経験したことがない強烈な電撃が走るようになってしまい、ベッドの上で動けない状況になってしまいました。ちょっとでも腰に負担のかかる動きをすると大きな声を出さざるを得ない、シーツをわし掴みにしなければ耐えられない激痛が腰を襲いました。普通、おなかが痛くても、他の体のどこかに痛みが走っても、身をよじって痛みを堪えるじゃないですか。この腰の痛みは痛みに対して反応性に身をよじると、それがさらに痛みを増強し、大変でした。意識もちょっと薄れるほどでした。いったいこれからどうなってしまうのだろうという不安感や絶望感にも近いような感覚になりました。今までにもお世話になっている鍼灸師の先生に電話し往診に来ていただきました。仕事にはもちろん行ける訳ありませんでしたから、スタッフに電話し、患者さんの予約を全てキャンセルさせていただきました。予約の入っていた方、本当に申し訳ありませんでした。この場を借りてお詫びいたします。食欲も感じず、朝から夕方までほとんど飲まず食わずでした。夜遅い時間になって、子供と妻の肩を借り、やっとのことでトイレに行けましたが、まだかなり大変な状況で色々と大変でした。翌日もそれほどはよくならずほぼ寝たきりの状態が続きました。
その後数日毎日鍼灸師の先生に往診していただき(この鍼灸師の先生のことは後日ご紹介します)、やっと昨日あたりからまぁまぁ普通に近い状態で歩けるようになってきました。今回寝たきりになったり、杖を突いて歩くことを体験し、体にご不自由なところのある方やお年寄りの気持ちや大変さが少しわかり、良い勉強にもなりました。また、家族の有難みもとても感じました。しかしもう二度と今回のような痛みは絶対に避けたいので、ぎっくり腰の予防となるような筋トレ、ストレッチ、腰の保温などまじめに取り組んでいこうと思っています。
皆さんもお気をつけください!
ちなみにパソコンのところにも数日行けず、その後もいろいろ片付けなければならないことが溜まってしまい、ブログ更新も遅くなってしまいました。たぶんブログの更新は携帯電話でもできるんでしょうが、今のところパソコンでのやり方しか把握していません。すみません。

歯髄細胞バンク 第一回学術フォーラム

2010 - 07/19 [Mon] - 23:46

昨日、大手町サンケイホールで、『歯髄細胞バンク』(再生医療推進機構)第一回学術フォーラムが開催され、参加してきました。
P1040717.jpg

私のクリニックは「歯髄細胞バンク」の提携医療機関となっています。ここで簡単に説明します。歯のいわゆる「神経」と呼ばれている部分を正確には「歯髄」と呼びます。この「歯髄」が「再生医療」にとても適した有効な細胞であることが最近わかってきました。そこで、いままで捨てられていた抜いた歯の「歯髄」を再生医療に有効に利用しようという考えのもと、昨年秋設立されたのが『歯髄細胞バンク』です。生え変わりのときに抜く「乳歯」や矯正治療の目的で抜く歯、痛みなどの原因で抜く親知らず=智歯など、歯髄が生きている状態であれば、再生医療に使える可能性があります。「再生医療」とは、けがや病気で失った体の一部の組織や臓器その機能を人工物で補うのではなく、細胞に色々な工夫により力を与え、再生、回復させる医療です。今、「再生医療」の技術は大変多くの研究者により研究され、凄まじい勢いで進歩を遂げています。そのひとつに「iPS細胞」の研究があります。京都大学の山中教授が世界に先駆けて体の一部から取り出した細胞で、いろいろな組織に分化しうるいわゆる万能細胞(iPS細胞)を作り出すことに成功しています。歯髄細胞からもこのiPS細胞がよくできることも明らかになっています。まだ研究途中、臨床試験中のものがほとんどですが、近い将来(3~5年後)どんどん「歯髄細胞」が再生医療の場で活躍することが予想されています。昨日はその最先端の話などを聞くことができました。また、難病の子供たちのためにボランティアとして『歯髄細胞研究バンク』(研究という二文字が入ります)というものも本年10月からスタートすることが昨日記者発表されました。こちらも歯科界と医学界の新たなる連携として注目です。

鶴見大学と(株)再生医療推進機構との産学連携事業ですが、歯髄細胞バンクの実質的な最高責任者である鶴見大学病院長斉藤一郎教授
P1040656.jpg

パネルディスカッションの様子
P1040716.jpg

iPadっていいですね (学術・医療管理委員会)

2010 - 07/17 [Sat] - 15:05

昨夜は渋谷区歯科医師会の学術・医療管理委員会でした。9月3日金曜日、女優で博識の「石井苗子」さんに講演をしていただく講演会の打ち合わせや、10月20日のミニデンタルショーの検討などをしました。昨年に引き続き、普通は見られないちょっと面白いデンタルショーになりそうです。会の終了後、近くのお店に飲みに行きました。そこでメンバーの一人の若林先生がiPadを持ってきていたので、皆でよく見せてもらいました。インターネットサイトも綺麗によく見えるし、さくさく動くし、複数で見るにももってこいですね。テーブルを挟んで反対側の人に見せるときもすぐに画面の上下が回転し、受け渡して交互に見るのにもとても使いやすいです。診療室で患者さんに色々説明するアイテムとしても使い方次第で今後かなり期待が持てそうです。
HI3A0026.jpg
バッテリーも結構持つみたいですね。

沖縄からご相談に

2010 - 07/08 [Thu] - 20:59

今日は沖縄から患者さんがお越しになりました。
地元の沖縄で歯科にかかっていて、抜かなければいけないと言われている歯があり、
それが本当に抜くしかないか、また、抜くとしても、その歯を生かす方法はないかと考えてWEBを調べていたら、『歯髄細胞バンク』を見つけ、当院のHPにたどり着いたとのことで、先日お電話がありました。『歯髄細胞バンク』や『ティースバンク』の事などについて電話でお答えしていたのですが、一度相談に行きたいというお話になり、本日お越しになったしだいです。(東京に別のご用事があったついでのようです)
残念ながら、抜歯の診断が下されている歯に関しては、やはり抜歯しかないという状況でした。また、両バンクへの預け入れも厳しそうな状況(歯の周囲や歯髄のダメージ)でしたが、他の親知らずなら充分預けられる旨ご説明しました。最近はこの『歯髄細胞バンク』に関するお問い合わせが増えてきています。

CEREC ブラッシュアップセミナー Vol.2

2010 - 07/04 [Sun] - 00:33

サッカーワールドカップでニッポンが負けてしまったため、ブログを書くのが間が開いてしまいました。(←苦しい言い訳)
さて、昨日の夕方、CERECのセミナーに参加してきました。
P1040635.jpg
P1040636.jpg
講師は前回と同じ、佐々木先生と武末先生。テーマは「形成」と「接着」でした。CERECでは従来の治療の常識とは異なったCEREC特有の知識が必要で、「形成」の様な最も基本的な事柄でも。色々と知識が必要になります。CERECのことをよく知らないドクターは従来の知識で簡単に簡易的な物が短時間で作れる機械、くらいに考えている人も多いと思うのですが、かなり奥が深く、研鑽や熟練が必要なものなのです。しかもどんどん進化しているので、かなり勉強が必要なアイテムです。昨夜も色々と大切な情報を聞くことができました。JSCAD、特に柴崎先生、武末先生、小林先生に感謝です。

★ 祝 JAPAN 1次リーグ突破 ★ サッカーWcap デンマーク戦

2010 - 06/25 [Fri] - 06:03

やりましたね~!
ニッポンすごい、まさか、前半ですでに2対0とは・・・。Wcap前の連敗はなんだったんだろう?と思います。実は後半から見たので、前半の2点は残念ながら、生で見られず、VTRで見ました。やはり3時半から起きて見るべきでしたね~。しかし、本田選手と遠藤選手の2点のフリーキック見事でした。
今夜は日本中いたるところで”乾杯!”の嵐ですね。

 | HOME |  »

プロフィール

Author:DDS Yasuhiro Sasama
名前 笹間康弘
生年月日 1961年4月16日
出身地 東京都
出身高校 成蹊高校
出身大学 東京歯科大学
趣味 それほど深く追求している趣味はありませんが、写真を撮ること(一番の被写体は子供)、自転車に乗ることが好きです。

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。